甘ーいいちごの基礎知識

年明けから赤くなるいちごの実の数が増えだし、徐々に出荷が始まっています。
いちご
この写真、加工写真のように見えるかもしれませんが、正真正銘素人が撮った加工なしのエースクールのいちごの写真です。

さて、今日はあいにくの雨模様ですが、昨日は晴れの1日で、
今朝採ったいちごは昨日の天気が手伝って、
今期採った中で一番の甘さとなりました。

これからしばらく2月末ごろまでは寒い日が続きますが、
この寒い期間がいちごの食べられる時期の中で、最も甘いいちごが食べられる時期です。
というのも、いちごの実が赤く色づくまでの期間が長ければ長いほど甘さがのるからです。
3月以降暖かくなってくると、気温の上昇によっていちごの実が色づくのが早くなります。
なので、寒い時期のいちごよりは少しさっぱりとした甘さのいちごになってきます。

ということで、甘いいちごを求めるならば12月から2月です。

そして、甘さは適度な酸味があると、より甘く感じます。
例えば、
エースクールでは紅ほっぺとさちのかを作っていますが、
どちらも同じ糖度15度だとしても、
より甘いと感じるのは酸味が紅ほっぺよりも高いさちのかの方だったりします。
なので子供は酸味の少ない紅ほっぺを好むけれども、
大人はさちのかのほうが好き、という傾向もあります。
ですが、どの基準で美味しい、甘い、と感じるかは人それぞれの好みにもよるので一概には言えません。

ただいちご好きな方は、
こんな豆知識をもっていちごの品種を食べ比べると、
また違ったいちごを食べる楽しみになるかもしれないですね。

 

 

エースクール代表 田中康晃著
「ゼロから始める脱サラ農業の教科書」(同文館)
1月13日より書店にて発売!

ゼロから学べる
農業起業塾 エースクール
http://aschool.info/

2018年1月8日リンクURL

いちご初どり

2017年12月3日
4月から苗づくりをし、9月に定植したいちごが、
めでたく初どりとなりました。

P_20171210_120003

ここから、6月まで長期にわたっていちごの収獲期間が続きます。
2月頃まではぼちぼち、3月きたきた、4月いっぱい、5月あとひといき(がんばりましょう)、
な感じで収穫期を乗り越えていくことになります。

冬の間は、ハウスの中の方が暖かいので、
ハウス内の作業は全く苦にならず、逆にぽかぽかして嬉しいぐらいです。
が、暖かくなる4月以降はハウス内が高温になるため、
大変になってきます。

今年は長期どりを目指しているため、
寒冷紗をうまく活用して、
いちごの実を傷めないように良品を出荷継続する予定です。

ちなみにハウスいちごが一番おいしいのはなんといっても
2月!
です。

エースクールのいちごは
取り始めでも美味しいですが、
これから徐々に味がのり始め、
2月に味ののりがピークを迎えます。
では3月以降は美味しくないのかというと、
もちろん美味しいです!

例年通り出荷先は須磨のななファームさん。
ご希望があれば直売もしますので、
いつでもご連絡下さいませ。

 

 

ゼロから学べる週末農業起業塾
エースクール
http://aschool.info/

2017年12月13日リンクURL

ほうれん草、水菜、春菊播種

冬には植え付ける作物の種類も少なく、
作業量も少ないので、
実習の回数も月1回となっています。
そのため、今年の実習は12月2日で最後となりました。

先月から実習はもっぱらハウス内で行っています。
今回はほうれん草のあと地に、再度ほうれん草と、水菜、春菊を播種しました。
ちなみに写真の右側は秋に実習で植えたブロッコリーです。
12月末~1月に収穫ができそうです。

P_20171202_115746

P_20171202_115354 (450x800)

ホウレンソウ播種の様子です。

前作の畝はそのままで残渣などの片付けをし、
施肥などをして、畝上を耕運機で耕しました。
その際、耕運機の爪を止めている金具が取れてしまい、
結局にわか修理ではうまくいかず、のこりは鍬で耕すというハプニングも。。。

P_20171202_113847

機械ものはこのような故障が年数が経つほどに増えてきます。
そのため、作業の段取りは余裕をもって立てた方がいいですね。
この日はお昼御飯が、この管理機の故障もあって1時間遅れてしまいました。。。

今日播種した分は年明け2月頃に収穫に予定です。

 

 

ゼロから学べる週末農業起業学校
エースクールhttp://aschool.info/

2017年12月5日リンクURL

来年度イチゴコースの説明会

本日、H30年度(来年度)いちご栽培経営実践コースの説明会を開催しておりました。来年4月よりコース開始となりますが、説明会は順次開催しております。

現時点で、企業様、個人様を含め、定員に近い数の方から、受講について、お問い合わせをいただいております。本コースは少人数定員となりますので、来年度よりの受講をお考えの方がいらっしゃいましたら、少しお早目にご連絡をいただけますと幸いです。

 

やはり「いちご」は人気がある作物ですね。

なんといっても美味しいし、色も良いし、香りも良いし、いちご農場にいるだけで気分も高揚してきます。「いちご」は、そんな不思議な魅力があります。

 

加えて、「いちご」は、栽培する人、栽培環境、栽培方法によっても大きく味が変わってきます。これは人によっては、難しい作物と感じるかも知れませんが、逆に言うと、自分の「色」が出せる作物でもあります。

これだけマニュアル化、均質化してきている世の中にあって、ある意味、オンリーワンの「味」を作る事ができるという事でもあり、その分、価格も他のものに惑わされる事が少なくなります。

農業経営でいうと「均質化したものを大量に生産してコストを下げる」という方向性もありますが、「いちご」は、これとは真逆の方向の「独自の味を追求して相応の価格で買って頂く」というモデルが適しているように思えます。たとえるなら前者は資本力がある「大手企業経営」、後者は「個人職人」というとしっくりくるかも知れません。

更に、いちごは、栽培方法の違いから大きく高設栽培と土耕栽培に分けられますが、土耕栽培は昔ながらの畑の土を使う栽培方法で、高設栽培に比べると、よりマニュアル化が難しく、より職人的になるように思えます。

 

エースクールのいちごは土耕栽培です・・・。確かに、栽培してますと、一筋縄ではなく職人的ではありますが、いちごコースの受講生の皆さまには「目で見て覚えて」とは言いません。。

受講生の皆さまには、できるだけ客観的に分かるよう例えば、実測の温度や土壌分析などの数字、写真やイラストなどが入ったテキストで説明をしております。

実習でも「いちご」を見ながら、さわりながら「このランナーを採って下さい」「この下にある葉を欠いて下さい」など、できるだけ明解?に栽培の説明をしております。

それでもどうしても「もわっと」とか「べた~と」とか擬態語も使ってしまいますが・・・・・。

職人的ないちご栽培(笑)。興味がありましたら、ぜひ一度、お試しください・・・・・。

 

ゼロから学べる週末農業学校

エースクール

2017年11月26日リンクURL

天敵農薬

いちご栽培にとって、
最も怖い病気は炭疽病、
そして最も怖い害虫はというと「ダニ」です。

ダニは自然界のどこにでもいる生物ですが、
いちごにとっては害虫となります。
この生物がいちごの栽培圃場で増殖すると、
増殖したダニは樹液や果液を吸いまくり、
株は弱り、実も売り物にならなくなり、
とんでもない被害をこうむるのです。

そうならないために為には、
定期的に防除(農薬散布)することが有効な手段なのですが、
農薬は、防除対象以外にも圃場にいる他の有用生物等を弱らせたり、
株自体がが弱ったりするため、
できるだけ使いたくありません。
また、農薬散布をするのは結構な労働時間と労力がかかるため、
使わないに越したことはないのです。

ダニが増殖したいちごの株

toku245n0809030602

さて、エースクールではこれまで最小限の防除でダニを抑えてきましたが、
暖かくなる春先からはダニが元気になり繁殖速度が速まる為、
農薬による防除では抑えきれなくなっていました。
そのため、今年は使い方を誤らなければ効果がある(メーカーの説明)という
天敵農薬「スパイカルEX」を使用することにしました。

これはいちごの害虫である「ハダニ」を捕食する「ミヤコカブリダニ」を圃場に散布し、
増殖させる、というものです。

このボトルの中に「ミヤコカブリダニ」がたくさん入っているようです
(目視では確認できず)
2017.11.23スパイカル1

説明書に従ってふたの中心を押し開けます
2017.11.23スパイカル2

中を見ると、ふすまかおがくずが詰められており、これにダニがついています
2017.11.23スパイカル3

これを葉っぱに振りかければ完了
2017.11.23スパイカル4

あとは、ミヤコカブリダニたちがハダニを捕食しながら増殖するのを待つばかりなのですが、
天敵を圃場で飼っている間には使える農薬がぐっと減ります。
例えばアブラムシがつき始めたら、うどん粉が出始めたら、、、
天敵放飼中に使える農薬は添付の説明書やメーカーのHPにも載っています。
http://www.arystalifescience.jp/product/product_index.php

この天敵農薬の効果が分かるのは、
来年の3月以降暖かくなり出してからです。
メーカーの説明内容をよく守り効果的に使わなければなりません。
なんといっても、安くないものですので。。。。

ちなみに2月にはもう一つ同じメーカーが出している別の天敵を放飼します。
(より効果的にするためにメーカーが使用を推奨)

大事なのは、費用対効果を得られることです。
何回も農薬散布をする農薬代と人件費み見合う効果が得られればいうことありません。
来年の結果にご期待ください。

 

 

ゼロから学べる週末農業学校
エースクールhttp://aschool.info/

2017年11月23日リンクURL

兵庫県新品種いちご勉強会に出席しました

最近はどの野菜もとにかく品種が多様です。
いちごも例外ではなく、ここ数年は毎年新しいいちご品種を目耳にします。
10年以上前は、産地で新品種を開発していて、
西日本では「博多とよのか」や、福岡の「あまおう」が有名でした。
それが、各県ごとの品種開発に発展し、現在は兵庫県も県の開発した新しい品種を2品種推奨しています。

今回は第1回目の新品種イチゴ勉強会、ということで
エースクールで今後導入するかの検討も兼ねて、参加してきました。

新品種は
とちおとめ×さがほのか交配の「あまクイーン」
さちのか×とちおとめ交配の「紅クイーン」

勉強会では、これらの新品種の特徴や管理において注意すべき点などを知ることができ、
試験圃場も最後に見学させて頂きました。

 

高設の試験圃場
2017.11.22新品種3

土耕の試験圃場
2017.11.22新品種1

土耕の入り口に設置されたネズミ捕り

2017.11.22新品種2

こちらの試験場の見学でもそうだったのですが、
他の生産者の方の圃場見学に行くと、ハウス内外に必ずその生産者なりの工夫を発見します。
これは自分の圃場だけにいては触れられないことで、
勉強会や研究会に参加する利点の一つだといえます。

さて、新品種を導入するにあたって着目すべきことはたくさんあるのですが、
特に大事なことは、
「病害虫抵抗性」の強さではないかと私は思います。
これがクリアできなければ、いかに管理がしやすくて美味しい実ができる品種であったとしても、
継続的に栽培することは困難です。

ちなみにエースクールで栽培履歴のある品種は
1年目 とよのか+章姫
2年目 章姫+さちのか
3年目(本年)さちのか+紅ほっぺ
です。
1年ごとに作ったことのない品種を導入し、
エースクールの栽培販売体制にあった品種を選抜しています。

新規就農などでいちごを栽培すると決めたら、
次に品種を決めて苗の取得が必要になります。
品種の特性などの情報はいまやインターネットを検索すると沢山得られますが、
お勧めするのは、まずは
地域の農業普及センターや地元の生産者の方々から広く情報を集めることです。
それから自分なりに納得を得る為にインターネットを活用する順番がいいかと思います。

ちなみに兵庫県の新品種の栽培マニュアルは
兵庫県立農林水産技術総合センターのHPに掲載されています。
http://hyogo-nourinsuisangc.jp/99nouka/20161209I-3,4manual.pdf

ゼロから学べる週末農業学校

エースクールhttp://aschool.info/

2017年11月22日リンクURL

いちごハウスの内張り夜間閉めきり開始

先日設置したいちごハウスの内張りフィルム。設置後、しばらくは、気温が高くて解放しておりましたが、ここ数日、一気に気温が下がってきたので、夜間、閉め切りを開始しました。

IMG_3382

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな具合に、天井、サイド、妻面を全て閉め切って、冷気が入り込まないようにします。だいたい夕方に閉めて、朝に開けます。

これで、昨日は、外気温より約3度高く保たれていました。加えて、写真にある高畝+マルチとあいまって、土の温度は比較的暖かく保つことができます。

今年は、昨年に比べて、寒くなる時期が早く来たようですが、いちごの生育は、ここまで順調で、来月中~末頃に収穫できそうですが、どんな味になっているか楽しみです。

 

ゼロから学べる週末農業学校

エースクールhttp://aschool.info

2017年11月21日リンクURL

エースクール在校生&卒業生懇親会

エースクールでは毎年、在校生、卒業生が集まっての懇親会を開催しています。昨日、本年度の懇親会でした。

近年の国の若い方への就農支援策の影響なのか?、エースクールも少しづつ20代、30代の若年層の受講生も増えてきています。

IMG_3379

 

そのあおりを受け、今年は、三宮の大変おしゃれなお店での開催となり、私を含めたおじさんグループは最初、妙にソワソワしてしまいました・・・・・。

 

というのも本当に最初だけ。お酒が入れば、みんな元気元気。何年かぶりの再会の方もいて、大変、懐かしく、楽しく過ごす事ができました。

 

やっぱり人が集まるというのはいい事ですね。また農業という共通項があっての集まりなだけに、話はいつまでも尽きません。

今回、2期生の方から現役9期生の方まで集まって頂きました。話をしてますと、あらためて、「その期ごとの」特色があって、エースクールの実習や授業の内容も変わってきたなあという事を実感しました。

2期生の方から、「2期の時は泥臭い実習だった」「1日中じゃがいものドロ落としてた事あったよ」って、話がありました。確かにそんな日もありました。

おもえば最近は実習も少しスマート?になってきているかも知れません。

 

よりリアルに農業の姿を体験していただこうとすれば、泥臭い内容になっていく事もあります。ただ、農業塾は、農業を学ぶ場所なので、どこまで体験して頂けば良いか、私も毎年、悩むところでもあります。

ただ、エースクールの基本姿勢として、「正直にそのまま農業を伝えること」というのがモットーにあります。良い面、悪い面、おしゃれな面、泥臭い面、含めて全てです。

これを見て、今後の進路の参考にしていただければと思います。

農業塾に来て下さる方の中は、「人生において、一大決心をするかどうかの場面にいる方」も沢山いますので。

 

このような懇親会や集まりを、この先も、ずっと続けていく事が、エースクールの最大の目標です。その為には、ますます農業塾のサービスの質も向上させ続けなければなりません。

 

記 田中康晃

 

ゼロから学べるエースクールの週末農業学校

http://aschool.info

2017年11月19日リンクURL

農業の税務会計

本日、農業塾9期生の授業「農業の税務会計」を開催しました。

講師は、エースクール初登場の原田先生です。

 

税務・会計という言葉を聞くとそれだけで「もういい・・・」と目耳を塞ぎたくなるような、そんな気持ちも分からなくもないですが、独立就農するという事は、ひとりの事業者となるという事です。

嫌でも確定申告が必要ですし、税務会計の知識も必要になってきます。ですので、「必ず必要になる知識」という事ににはなるのですが、今回は、単なる「税務」の知識を超えた「会計」の部分。さらに会計を経営に役立てる方法など、ふか~いお話をいただきました。

 

なかなか難しいお話もありましたが、それを具体例にあてはめ、分かりやすく解説して頂きました。

それでも、一度で消化するのは難しいかも知れません。

今後、農業経営をしていく中で、じっくりと取り組んで、役立てて頂ければと思います。

 

image1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゼロから学べる週末農業学校

エースクールhttp://aschool.info

2017年11月18日リンクURL

農業は儲からないからやめておきなさいと言われたら

タイトルの言葉。少しきつい言葉ですが、言われた事がある方もいらっしゃるかも知れません。私自身、「何度言われたか」「何度言われている現場に遭遇したか」分からない位沢山言われてきました。

これから農業を始めようとしたときに、この言葉を言われると、たいていの人は、精神的にダメージを受けます。そして、「やっぱり農業は辞めようかな」「辞めた方がいいかな」と農業に向けての決意が揺らぎます。

 

ただ、ちょっと待って下さいね。

 

それは「誰に言われましたか?」
家族ですか?友人ですか?役所の人ですか?それとも農家さんですか?

情報は、まず「誰から」得たのかという事が大事で、まず「その人」は本当に農業を「分かって」話をしているのかどうかという事。
「分かる」というのは本を読んで知っているという事ではなく「自分で経験して知っている」というレベルです。このレベルまで行って初めて本当に「分かる」ものだと思います。

少なくとも農業をした事がない、あるいは、していない人は、本当の意味では分かりません。

私自身、農業を始める前にも農業コンサルティングの仕事をしていましたが、農業を始めてから、より一層、以前の自分は農業を知らなかったのだなという事を感じています。今もまだまだ知らない事だらけですが、少なくとも私が経験している事は、そのまま話をする事ができます。

 

次に情報の深さです。
「何を作って、どこに売って、いくら売り上げがあがって、いくら経費がかかったと言ってましたか?そんな話はありましたか?」

この程度の具体的な情報がなければ、儲かるもなにもさっぱり分かりません。またそもそも「儲かると感じるか感じないかは、その人の私見」にすぎません。同じ金額でも人によって感じ方は違います。

そして、そもそも「農業」って一括りにできるものでもありません。作物が違えば経営も異なりますし、同じ作物でも栽培方法が違えば異なります。環境にもよります。

 

ですので、結論ですが、タイトルの言葉を聞いても「がっかりもせず、歓喜もする必要もありません」。ただ、「これだけでは、何も判断できないという事が分かる」という事になります。

そう言って下さった方々の愛情を感じていれば十分かと思います。

 

農業を始める為の準備。
まずは、このような視点で「知る」活動を進めてみてはいかがでしょうか。

 

記:田中康晃

 

ゼロから学べる週末農業学校
エースクールhttp://aschool.info

2017年11月17日リンクURL