農業を学ぶ機会を提供します。エースクールの”原点”

本サイトへご訪問ありがとうございます。
エースクール代表 田中康晃です。

おそらく、皆さまは「農業に興味があるのだけれど、何から始めたら良いのか分からない」という方がほとんどかと思います。

私自身、10数年前に新規就農を志したとき、このような状態でした。
当時は、今よりももっと情報も少なく、まして当社のような週末だけで農業が学べるスクールなど、見たこともありません。

サラリーマン家庭出身でありサラリーマンだった私は、行く先、行く先、相談にすら応じて貰えず、当時、就農を断念しました。(2012年に合同会社エースクールで就農実現)

それでもまだ諦めきれなかった当時の私は「農業の始め方を知りたい」と思い、自分で農業を調べることに取り掛かり、その結果、「農業を始める為の方法、ルール、法律」を知ることとなりました。

加えて、農業の素晴らしさ、楽しさと同時に、脱サラなど「ゼロから農業を始める事の難しさ」、更に、その背景にある農業自体が抱える問題の大きさにも愕然としました。


「とにかく素晴らしい農業がもっともっと元気になって、豊かで実り多い日本を残したい」

「その為には、新たに農業を始める人が増え続けなければ、この先どうにもならない」


こう思う気持ちから、例え、1歩は小さくても、自分がでできることやろうと決意し、脱サラして、農業サポートの仕事を続けてきました。


まずは、「農業の楽しさ、素晴らしさを伝えたい」

さらには、「農業の始め方、農業でしっかりと生活していく方法を伝えたい」

エースクールの農業塾は、この気持ちが出発点です。


会社経歴

2006年3月 代表田中が農業専門の行政書士コンサルティング事務所を設立。企業向け農業参入サポートを開始

2008年 農業塾構想がスタート

2010年12月 代表田中が「企業のための農業参入の手続と申請書類作成の実務(日本法令)」出版

2011年4月 「第1回 週末農業スクール」開講

2011年9月 「第2回 週末農業スクール」開講

2012年6月 合同会社エースクール設立・農業経営に参入

2012年9月 「(会社設立後)第1期新規就農週末コース神戸」開講 以後、毎年開催

2012年   育苗用ハウス建設

2013年   いちじく栽培開始

2014年   いちご栽培用ハウス建設

2015年   いちご栽培用ハウス増設

2015年   いちじく圃場拡大(合計約15a)

2016年   いちご栽培用ハウス増設

2016年   アスパラ栽培開始

2017年4月  いちご栽培専門コース開始

会社概要

社名
合同会社エースクール
本社
〒651-2262
神戸市西区平野町繁田589
TEL:078-945-6586
自社研修農場
兵庫県神戸市西区平野町繁田603
自社農場
兵庫県神戸市西区平野町繁田周辺 農地面積合計約1.1ha
保有機械設備
軽トラック1台、トラクター26ps1台、管理機2台、動力噴霧器3台、刈払機3台、パイプハウス5棟
設立
2012年6月5日
役員
代表社員:田中康晃
事業内容
1 農業スクールの運営
2 農業経営の分析及びコンサルタント業務
3 農産物の生産、加工、販売
4 農産物の貯蔵、運搬
5 農作業の受託
6 農業体験農園及び貸農園の運営
7 農業関連セミナー、書籍出版、各種メディアの制作販売
8 学習塾の経営
9 前各号に附帯する一切の事業

スタッフ紹介



田中画像

代表 田中康晃

1972年非農家サラリーマン家庭に生まれる。
1996年明治大学法学部卒業。
1996年大学卒業後某東証一部上場企業に就職。
10年間のサラリーマン生活を経て、2006年会社退職と同時に農業専門の行政書士事務所(田中やすあき行政書士事務所)を設立。

以来、農業法人、農業生産法人などの設立代行、新規就農、農業参入の相談、コンサルティングなど全国で数多く関与。合同会社エースクールの代表として自身でも農業経営に取り組む。

2009年農業経営、法務支援を目的とした(社)全国農業関係行政書士コンサルタント協議会設立、代表理事就任
2012年農業経営および農業研修を行う合同会社エースクール設立
2014年兵庫県6次産業化プランナー就任

テレビ他メディアにも多数出演。主著、メディア出演歴は以下。



田中画像

=主著=
「企業のための農業参入の手続きと申請書類作成の実務(日本法令)」
「新規農業参入の手続と農業生産法人の設立・運営(日本法令)」
「農業・農地関係モデル文例書式集(新日本法規出版)」
「アグリビジネス新規参入の手引き(情報機構)」
「脱サラ農業マニュアル(仮・同文館・出版予定)」他多数




=メディア歴=
TBS「私の何がいけないの」に農地問題スペシャリストとして出演。
MBS「ニュースVOICE」に就農専門家として出演。
MBS「ちちんぷいぷい」に出演。就農問題について解説。 他多数






宮崎画像

スタッフ 宮崎敦子 

兵庫県加古川市生まれ。名古屋大学大学院で文化人類学を専門に研究し、フィールドワークを通して農業と出会い、以降在学中に、長野、北海道で農業体験。

2003年 名古屋大学大学院修了後、フランス留学。在仏中にwwooferとして農業生活を経験。
2004年 帰国後に職業として農業に携わることを目指し、ボラバイトとして香川県のレタス農家(三豊セゾン)、短期研修生として愛媛県の無農薬柑橘生産組合(無茶々園)、熊本県のNPO法人阿蘇エコファーマーズセンターで学ぶ。その後2年間長期研修生として熊本の阿蘇エコファーマーズセンターにて露地野菜、施設栽培、観光果樹園、花卉栽培など多種多様な農業を経験。

2007年 熊本の観光いちご農園(木之内農園)に入社。
いちご栽培担当責任者をはじめとし、観光いちご園の運営に携わる。その間、研修生の指導や農園の総務として各部門(いちご、米、肥育牛、露地野菜などの栽培計画、、予算、研修生や社員の労務管理や補助金申請の計画作成、認定後の運営、経費削減のための発注資材の見直しなど多本面で農業運営に携わる。

2013年よりエースクールのスタッフとして勤務。栽培責任者。
2015年、2016年「新規就農週末コース基礎編/農場実習」「いちご栽培スクール」の講師担当。

このページの先頭へ